LGBTを特別扱いするべきじゃない

 この記事は前サイトの移植になっています。
内容はほとんど変更されていませんのでご了承ください

 LGBTを特別扱いしない。
 これ僕は至極普通のことだと思う。
 僕もLGBTを特別な人たちだと思ったことはない。
 けがをすれば血を流し、心臓を抉り出せば死ぬ。
 ただのHomo sapiensという動物に過ぎない。
 そしてそのHomo sapiensが作った社会的多数派の中で、たまたま性について疑問を持つ人たち。

 どこに特別使いする必要が?

 人というのは不思議な生き物だ。
 自分を特別扱いしてほしい。という人も多い。
 これは既婚ビアンの中にも多いんだけどね。
 自分の付加価値として、既婚ビアンを名乗る。という人いる。
「同性と一緒に遊ぶの楽しい」
 ただそれだけでビアンなんですぅってタイプもいる。
 ・・・悩んでる人からしたらムカつくのもわかるよ。

 僕はLGBTはマイノリティだけど、弱者だとは思わない。
 むしろ逞しすぎて「すごいな」と思うことも多い。
 繊細な人ももちろん多いけど、それでも自分の場所を守るべく生きている。
 それはノンケだって同じ。
 僕はノンケだ、LGBTだ。そんな区別があるからダメなんだ。と思う一人である。
 税金でLGBTを支援とかする必要はないと思う。
 障害者じゃないし、そんなの要求している人はろくでもないのは確かだと。
 LGBTって障害者。ってわけでもないじゃん。
 ただ生き方が違うだけに過ぎない。
 僕は自分が障害があって、家族も障害がある。
 でも障害があるなりの生活はできると思う。障害があっても、できることがあればそれを育てていけばいいと思うし。
 でもLGBTの人たちは恋愛指向や性的感性がちょっとちがうだけの『普通』の人が多い。
 障害を持っている人もいるとは思うけど、それは「LGBT」だからというわけではないと思う。
 LGBTで悩みぬいて精神病発症したとかも、含まず。

 LGBTに結婚という制度は必要ないという人たちがいる。
 そういう人たちが多分言いたいのは、
「結婚とは子供を育てられる可能性のある人たちの権利」
ということじゃないんだろうか。なんか色々見てたら言いたいことはそういうことなのではと。
 でも結婚していても子供を作らない、作れない人もいるわけで。
 じゃあそんな人はどうなるんだよ。という人の意見もあり。
 視点を変えることで何が正しい何が間違ってるって変って来るよね。
 LGBTで結婚したいという人たちは、
+結婚が愛のゴール
と勘違いしている人ももちろんいると思う。既婚者の多くは知っている。
+結婚は生活の延長である
ということ。ここの切り替えだよね。
 それは同性でも異性でも関係ない。

 結婚という制度が同性愛にないから、
+相手に財産を残したい
+相手が入院したり、亡くなったりなんらかのの手続き
 そういうのがめんどくさい。
 夫婦別姓がいいという人も多い世の中で、「姓を同じにしたい」という人だっているだろう。
 そういうのが制度として「結婚」に集約されてるわけで。

 LGBTの人たちが結婚制度を欲しがるのは、「単に愛のゴールだから」なんてちょっと乙女で現実見てない話ではなく、現実的な手続きで困ることが多いからだと思うわけだ。
 別に「税金を使いまくりたいから、税金を使った支援クレー」言ってるわけじゃなかろう。
 なのになぜ、「LGBTは支援欲しがる」みたいな話になるのか。
 ・・・やっぱり支援団体に何か闇がある気がするわけで。
 あと政治利用されたりも多いしね。
「LGBTなんだ」
「ふーん。で?」
 これが理想の社会なんだろうなと思う。
「LGBTだからアタシ特別」
って言いたい人は物足りないだろうけどね。

 他のサイトを探すならこちらから♡

にほんブログ村 主婦日記ブログ にほんブログ村 ダメ主婦 にほんブログ村 トランスジェンダー にほんブログ村 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)
☆Bian Site Ranking☆
人気ブログランキングへ