結婚したらノンケになれるかと思いました。

 とある既婚ビアンさんの言葉がとても心に残っている。
「結婚したらノンケになれるかと思いました」
と。
 自分が同性愛者だということで悩んでいて、結婚すれば異性愛者になれるかもと結婚した。
 という話。真ビアンさんに言ったら
「私もそう思うことあるな」
と言っていました。
 
 僕にとって旦那は運命の男。
 彼を探し出す期間僕は一時的にノンケだったと思えるぐらいに。
 僕にとって旦那は「男」を超越した特別な存在なんだよね。

 もともとレズビアンなのに悩んで苦しんで、色々な家族とのかかわりあいの中で結婚を選んだ人ももちろんたくさんいる。
 恋愛経験がほとんどないのに、結婚したらレズビアンだった。なんて人もいる。
 あと子供が欲しかったから。という人もいたなあ。
 既婚ビアンはその数だけ結婚した理由があるんだと僕は思っている。
 中には変なのもいるけれど、それはレズビアンにもいる。
 
 段々既婚ビアンは減っていくのかもしれない。LGBTが普通になっていけばね。
 ただレズビアンで、好きでも尊敬できるわけでもない男と結婚しようとする(友情でも尊敬できないとつらいと思う)ならば
「結婚したってレズビアンである自分は、自分でしかない」
と僕は言いたい。
 結婚したからって自分が変わるわけでもない。
 結局苦しいのは自分で、そして周囲。
 結婚はする相手で幸せも不幸も全く違ってくる。
 それは女だけではなく、男も同じ。
 理不尽な性行為拒否は離婚の理由と慰謝料の原因にもなりえるしね。
 慰謝料払って罰つけるために結婚するのか?と。

 僕が結婚した時代は致し方なかった時代でもある。
 致し方ない人だっているだろう。
 だけど、「結婚したらノンケになれる」ってことは限りなくゼロ。
 人間の本質は変わらない。
 相手が性なんか飛び越えた素敵な相手ならまだしも。
 レズビアン…だけでなく、LGBTっていうのはノンケ以上に「性別」というものにこだわり続ける。
 なのに「性別とか関係ない」って変じゃね?
 あなたたち「性別」で相手を判断してるじゃないの。僕も含めて。
 
 人類皆友達 なんかじゃねーんだよね。

 結婚したってそれだけじゃ自分は変わらない。
 変えてくれるほど価値のある相手と結婚するか、自分を貫き通すかしかないんだよね。

 自分は結局自分でしかないんだよ。
 自分が自分を認めてやらなきゃ、誰が認めてくれるの?
 世界中で誰も認めてくれない。自分さえも。
 って哀しいじゃない。
 
にほんブログ村 主婦日記ブログ にほんブログ村 ダメ主婦 にほんブログ村 トランスジェンダー にほんブログ村 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)
☆Bian Site Ranking☆
人気ブログランキングへ