トランスヴェスタイトとノンケ(かるく女装)の結婚式をしなかった昔風の理由


 16年前は、LGBTなんて言葉もなく今ほどいろいろ言われることもない時代。
 僕はレズビアンと言うものを知ってはいたけど、パソコンを触り始めてからネット社会で本格的に知った。
 田舎ではレズビアンは未確認生命体並の扱い。
 と言っても高校はレズビアンで有名だったんだけどね。
 
 まあそんな僕は16年ほど前に結婚したんだけど、式はやらず。
 お金ももったいないと思ってたんだけど、一番の理由は
「ドレスを着たくない」
 これ。
 なぜこれが「昔風」の理由なのかと言うと、当時はドレスは女、タキシードは男って決まってたんだよね。
 今も決まっているとは思うんだけど、昔よりは相談できる余地がありそうな雰囲気。
 うちの旦那は非常に綺麗な女の子顔だった。
 本人も
「下手な女よりかわいい」
という自負が・・・性格はよくなかった(笑)
 だからドレスを着せてあげたかったんだよねぇ・・・。僕的には。
 
 着たくないのに無理やり着るより、着て綺麗な人がきればいいじゃん。
 だったんだけど、時代的にそういうの厳しかったしなあ。
 今なら、相談すれば何とかなりそうだけどね。

 もともと結婚式にあこがれも夢もなかった僕。
 ドレスとかも興味ないし・・・。目立つことに興味ないし・・・。
 結婚式にどうして女性が夢中になるのか、頭ではわかるけど心では理解できない・・・。
 
 まあタキシード着られたら結婚式はしたか。

 と聞かれたらしてないと思うけどね。
 ・・・めんどくさい。
 何百万も掛けて、何でめんどくさいことをしなくてはならんのだ。
 あれ?ドレスは一番の理由じゃなくて、一番の理由は
「めんどくせぇ」だったか・・・。
 
 僕はドレス着るとか拷問だと思う。
 まず似合わねぇ・・・
 顔が男なので、化粧してドレス着たらドラアッグクィーンのおねぇ様方に混ざってもわからない自信がある。
 
 そういえばほんのり女装子だった旦那も、現在は男らしい顔になっちゃいました。
 男の娘さんって年取ると大変だと思う。
 ホルモンやってたらわかんないけど。。。

 美少年の最大の敵は、年月なんだなあと思う今日この頃。

にほんブログ村 主婦日記ブログ にほんブログ村 ダメ主婦 にほんブログ村 トランスジェンダー にほんブログ村 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)
☆Bian Site Ranking☆
人気ブログランキングへ