既婚ビアンはなぜ結婚したのか。

 僕は結婚する運命の相手がたまたま「男だった」と思っている。
 別に「男だから」好きになったわけでもないし、たまたま彼が男だったに過ぎない。
 そして結婚できる関係だった。
 それでもずっと見守ってくれてる人は知ってると思うけど、僕は既婚ビアンになる前は
「彼氏持ちビアン」
だった。
 
 さて僕が聞いたことがある結婚した理由について一番印象に残っているのはこれ。
+結婚したら『ノンケ』になれるかなと思ってた
 なれないよ。結婚したってビアンはビアンだよ。
 でもビアンで苦しんて来た人にとっては、「最後の望み」だったのかもしれないと思うと切ない。
 
 今の時代は「自分に付加価値を付けたい」からと、レズビアンや既婚ビアンを名乗る人がいないとは言わない。
 だけど本当にLGBTでそれを隠して生き続けてきた人の苦しみは、察するに余りあると僕は思っている。
 旦那の会社のゲイの人に、伴侶が
「そのお年でLGBTだったとは、非常に生きにくかったでしょう」
と言ったら、悲しげに笑って
「わかってくれる?」
と話したとか。この方は独身。
 
 男性だからまだあれだけど、僕らの時代はギリギリ「独身どうなの?」時代。
 今なら「結婚しないの?」「できないの?」と遠巻きにされるだけだけど、親とか親戚はうるさいと思う。
 それは自分の子供が孤独なのはかわいそう。という親心なわけで。
 子供からすれば余計なお世話だけどね。
 女性だととくに「結婚」を押し付けられる。

 レズビアンである自分を受け入れられない。
 そんな人も少なからずいるわけで。
 その人たちは「結婚したらノンケになれるかも」というある意味悲壮な思いを持つことになるんだろう。
 LGBTがこれだけ知られてるのに、嫌悪を持つなんて。
 と思う人もいるかもしれないけど、そのLGBTの模範的な人たちが問題だったりする。
 クセが強すぎて嫌悪しかないタイプが、LGBTですぅと言ってたら
「こんな人たちと私同じなの?」
と嫌悪を持つことだってあろう。
 まじめな人ほどあると思う。そして自分を追いつめていく。
 
 LGBTだって普通の人間なんだ

 ということを理解してもらわないと、本当に苦しんでいる人たちは救えないと思う。
 僕は既婚ビアンは減っていく方が良いと思っている。
 僕みたいに旦那を追いしてる人たちはいいと思うけど、苦しみで結婚生活を送るのはつらいとおもうし。
 旦那の方だって「一緒にいてやってる」なんてかわいそうだもの。
 一緒にいて「絆」や「つながり」を作れない関係なら、最初からない方が良いと僕は思う。

 レズビアンだから悪いんじゃない。
 自分は自分だと受け入れられない刷り込まれた価値観のせいだと思うんだ。
 それは仕方ないよね。素直に育ってるんだろうから。

 まあ僕みたいに物事を斜めに見る人生はつらいのでおすすめはできない(笑)

 他のサイトを探すならこちらから♡

にほんブログ村 主婦日記ブログ にほんブログ村 ダメ主婦 にほんブログ村 トランスジェンダー にほんブログ村 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)
☆Bian Site Ranking☆
人気ブログランキングへ