既婚ビアン 立花月夜の正体

黒猫我が側近(2代目)
我が側近(2代目)

立花月夜 たちばなげつや 1977年3月23日(彼岸の最終日生まれ)
牡羊座 B型(典型的猪突猛進。そして飽きっぽい)
高知県高知市出身 現在東京都多摩地区(地理的には東京のど真ん中)在住
彼女歴
-7才 メンタルクラッシャー
-14才 夢を追いかけるカッコいい女の子
彼氏歴
同年代  走り屋 優柔不断なジャニーズ系
+25才 裏稼業のエリート家系イケメンだがオッサン
+ 4才 旦那。そこそこ高学歴、メーカー勤務の花形(ガラは悪い)ホスト・タレント事務所所属・歌がやたら上手い。ゲイに「理想」と言われた過去。そして最近も「理想」と言われた。

もともと女子校に入る前から、男は苦手だった。
女子高に入って、女の子に恋をするが先輩(尊敬するご主人)が女の子を気に入り言い出せず。
先輩が飽きる頃には、「ヤな女」度が目に付きウンザリ。
高校卒業後男遊びを繰り返すが、男性器が気持ち悪いのは変わらず。
三人のイケメン(一人オッサン)と付き合い、三人目と結婚。
二人目は裏稼業の純血で怖いと言われる職業の人だった。
「お前みたいな女、見たことないわ(女4桁以上知るジゴロの実感)」
「お前が男なら、楽しかったのに」
「お前が男なら幹部決定だけど、早死にしそう」
とさんざん言われる。彼氏にまで男ならと言われてしまった。

三人目の旦那とはメール遠距離で、初めて顔見た時旦那は号泣。
即同棲(顔見る前に同棲を決めてた)。
メーカー勤務でホスト経験ありでDJ経験ありで、タレント事務所で音楽プロデューサーにナンパされる
という輝かしい?経歴の持ち主。女性に間違われていたイケメン系

旦那と出会った後、遊びまくっていたのがぴたりと止まる。
・・・男気持ち悪い感覚が戻ってくる。ただし旦那は全然平気。
男として生きた時の自分を彼に投影している模様。

家族はトランスヴェスタイトの上娘と下娘。猫三匹と熱帯魚と鳥とデグーと旦那。

既婚ビアンをやりはじめたのは、2002年から。
当時既婚同性愛者は、存在しないレベルで隠れていた。
現在mixiの既婚ビアンコミュは400人を超えている。

基本的に既婚バイセクシャルは受け入れず。
既婚バイセクシャルで「女性に興味が」系は全部わかる範囲ではじいている。
「旦那がいるからバイセクシャル」
という考えなら、既婚「レズビアン」のコミュニティじゃなくてもいいじゃん。と。
既婚で「レズビアン」を名乗る葛藤がない人は基本的に受け入れてない。
既婚ビアンは
+旦那に愛があるけれど、女の子が好きである
という葛藤や
+レズビアンだけどいろいろあって旦那と結婚した
という葛藤を持つ人のための物だと定義。

現在、僕の仕事は仕事が来たときに文章を書く仕事。
単価が高いけど、文字数が多いしジャンルが特殊なので大変。

他のサイトを探すならこちらから♡
ランキングをクリックしてくれると喜びます。ニヤニヤと^^
にほんブログ村 主婦日記ブログ にほんブログ村 ダメ主婦 にほんブログ村 トランスジェンダー にほんブログ村 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)
☆Bian Site Ranking☆
人気ブログランキングへ